1. ホーム
  2. ≫ブルーベリーはなぜ疲れ目に効果があるの?

ブルーベリーはなぜ疲れ目に効果があるの?

疲れ目でピントが合わない写真ブルーベリーが疲れ目にいいという話は、誰でも一度は耳にしたことがありますよね?

しかし、

目にいいといっても、ブルーベリーのどんな成分が疲れ目に効くのか、意外と知らない人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ブルーベリーが疲れ目にいい理由や成分についてまとめてみました。

ブルーベリーが疲れ目に効果がある理由

アントシアニン」というポリフェノールの一種が入っています。そして、このアントシアニンこそが疲れ目に効果を発揮してくれているんです。

ロドプシンという物質の再合成を補助

ロドプシンは、暗いところでものを見る際に分解して脳に信号を送り、明るさの違いによりものが見えるようにするという役割があります。ロドプシンが正常に機能すれば、再合成され再び使われます。しかし、加齢が進んだり暗いところで目を使い過ぎたりすると、ロドプシンの再合成が間に合わず、夜間視力が落ちてしまいます。アントシアニンには、ロドプシンを元に戻す補助機能があるので、暗いところでもものが見えやすくなります。

高い抗酸化力

アントシアニンはエイジングや様々な病気の原因となる活性酸素から私たちの体を守ってくれます。

ブルーベリーに含まれる成分

アントシアニン・・・ポリフェノールの一種。活性酸素を取り除く効果があるので、目にいいだけでなく、からだ全体をがんや血管疾患から守ってくれます。

食物繊維・・・100gに4gほどの食物繊維が入っています。
ビタミンE、ビタミンC・・・抗酸化作用がありエイジングを防ぎます。

生のブルーベリーを食べて効果を出すには?

疲れ目に効果が出るアントシアニンの摂取量は、一日あたり約40mgです。

生のブルーベリーでアントシアニンを40mg取ろうとすると、100g以上の生ブルーベリーが必要になります。

結論、生のブルーベリーだけで必要な分量のアントシアニンを摂るのは難しいです。

生のブルーベリーや冷凍ブルーベリーを買って食べると、少なく見積もっても100gあたり300円くらいかかります。アントシアニンの効果を確実に出そうと思ったら、一日100gほど食べたいので、一日当たり300円以上もコストが掛かってしまいます。

簡単に安くアントシアニンを補うには?

「じゃあどうすれば、アントシアニンを摂れるの?」となると思いますが、そんな時は、ブルーベリーサプリで足りない分を補ってみてはいかがでしょうか。

最近では、成分にかなりこだわっているサプリメントも出てきています。まずは、これなら試してみてもいいかも!というものを見つけましょう。

生のブルーベリーでアントシアニンを取りたい人には、サプリメントの併用がおすすめです。いつも生ブルーベリーや冷凍ブルーベリーだけでアントシアニンを摂ろうとするとストレスになりますが、ブルーベリーを用意できないときはサプリを摂ると決めると、精神的にゆとりができます。

「サプリが効くのか心配。」という人には、返金制度やお試し価格のあるインターネット通販での購入がおすすめです。サプリメントを上手に利用して、疲れ目と縁のないブルーベリー生活を始めましょう。

⇨【2018年最新版】ブルーベリーサプリおすすめランキング!

シェアしてもらえると嬉しいです!